メインメニュー
投稿日時: 2006-7-18 16:46:00 (979 ヒット)

西日本支部の東海リーグ、信越リーグの5チームが参加する「中日本トーナメント」が、5月8日から開始されます。決勝は、7月2日(日)長野県伊那陸上競技場で。

5月28日(日) @中部大恵那 
12:30-14:30 名古屋ブルータス vs ウィンド・ウィザード

6月 4日(日) @長野リバーフロント
12:30-14:30 ドラスティックス vs 新潟Fシャークス(準決勝第1試合)

6月18日(日) @伊那陸上競技場
12:30-14:30 長野ブルーパーズ vs 5月28日の勝者(準決勝第2試合)

7月 2日(日) @伊那陸上競技場
10:30-12:30 3位決定戦
13:30-15:30 決勝


投稿日時: 2006-7-18 16:46:00 (1177 ヒット)

6月18日(日)、札幌・円山競技場で行われる「らいらっくボウルに、東日本選手権準優勝のワイルドギースが出場、札幌ベンガルズと対戦します。

ワイルドギースは、昨年大躍進して初のプレイオフ出場を果たし、東日本決勝でも川崎グリズリーズをあと一歩のところまで追い詰めました。一方、迎え撃つ札幌ベンガルズは、3年連続で秋のリーグ戦優勝という北海道を代表する強豪。熱戦をご期待下さい。なお、開催要項は以下のとおりです。

続き... | 残り1268バイト |

投稿日時: 2006-7-18 16:45:00 (1440 ヒット)

西日本支部所属の大阪フットボールリーグでは、「OFLスプリングトーナメント」(後援=JPFF西日本支部)を実施しています。

これは、OFLと京都グラスリーグから計11チームが出場し、3ブロックに分かれた予選の後、トーナメント形式を行うものです(準決勝=Aブロック1位×Bブロック1位、決勝=Sブロック1位×準決勝勝者)。

予選ブロック分けは次のとおり。スケジュールは「試合の予定」を御参照下さい。決勝戦は6月25日(日)、兵庫・三田Gで。

Sブロック リバーサイド・ジョーカーズ(KGL)、京都(KGL)、ブートレッグス(OFL)

Aブロック レッドクルセイダーズ(KGL)、ウィングス(OFL)、アグレッサーズ(OFL)、学生連合(関西大学クェーサーズ・近畿大学医学部ザルトリウス=OFL、同志社ウォリア−ズ=KGL)

Bブロック バイソンズ、大阪シルバーウルブズ、奈良ツインズ、大阪チェックメイト(全てOFL)

*なお、4月2日の2試合は雷雨のため中止となりました。代替日程等は後日掲載します。


投稿日時: 2006-7-18 16:39:00 (1034 ヒット)

東日本支部では、昨年シーズンに続き、関東大学連盟様のご協力を頂き、今春のオープン戦においても共催の形式で同一会場において試合を行います。

4月30日および5月7日の16時から、関東地区大学フットボールの新たなメッカとなった「アミノバイタルフィールド」にJPFFが初登場し、オープン戦を行います。

新たなフィールドでの試合、是非ご観戦下さい。


投稿日時: 2006-7-13 20:27:00 (1218 ヒット)

第12回プライベートフットボール全日本選手権「オーシャンボウル」の記録は以下のとおり(注…タイブレークは参考のため正式記録ではない)

続き... | 残り2480バイト |

投稿日時: 2006-7-13 20:26:00 (2979 ヒット)

第12回・プライベートフットボール全日本選手権大会「オーシャンボウル」は、2006/01/22横浜スタジアムにおいて、大会初の3連覇を目指す川崎グリズリーズと、2005破れた雪辱を果たそうというリバーサイド・ジョーカーズ(西日本代表)との間で行われました。6−6の同点からタイブレークにもつれ込む大熱戦となりましたが、先行のグリズリーズを無得点に抑えたジョーカーズが、次の攻撃で見事にタッチダウンをあげ、12−6で2回目の全国制覇を遂げました。最優秀選手にはリバーサイド・ジョーカーズRB#28・古賀啓祐選手が選ばれました。

また、2005年2月にお亡くなりになられました前・日本社会人アメリカンフットボール協会理事長・棚橋寛衛門様の志を継ぐ決意の表れとして、今大会より新たに「KANEMON AWARD」が最優秀オフェンス賞として創設されました。奥様の棚橋えりこ様がプレゼンターとなり、リバーサイド・ジョーカーズQB#18・福田健太郎選手に贈呈されました。


投稿日時: 2006-7-13 20:25:00 (964 ヒット)

今季よりファイテン株式会社様のご協賛のもと、新たにファイテンシリーズ2005 KYOTO]としてリーグ戦を行うこととなりました、京都グラスリーグの開幕戦が、9月11日、京都・八幡グランドで行われました。
リーグ戦全15試合にご協賛いただくことで、全てのチーム、選手にチャンスが生まれ、昨年以上の白熱した戦いが期待されます。


投稿日時: 2006-7-13 20:25:00 (1005 ヒット)

2005シーズン、関東大学連盟様との併催にて実施された2試合(9月4日・川崎グリズリーズ×所沢アウトローズ、10月10日・川崎グリズリーズ×横浜シーガル)が、大成功に終了しました。
共に、等々力硬式野球場で行われた試合は、第1・第2試合が関東大学連盟加盟チームの公式戦、第3試合がJPFFの試合と、多くの観客が入った有料試合として行われました。
2試合とも大変素晴らしい試合が展開され、JPFFの存在を十分に示すことが出来ました。
ご協力いただきました関東大学連盟様より「仲間として大変心強く思っております」とのお言葉も頂きました。


投稿日時: 2006-7-13 20:24:00 (1011 ヒット)

東日本支部では、2004シーズンに続き2005もリーグ戦全試合にトレーナーを帯同し、安全面の強化を図ります。
株式会社ミッシュのご協力により、3年前より始まりました帯同業務は、選手の不用意なな受傷を未然に防ぎ、予防テーピングや指導により、試合でのパフォーマンス向上という結果がはっきり出ています。
さらに、トレーナーの指導により、各チームの安全に対する意識も確実に変わってきています。


投稿日時: 2006-7-13 20:23:00 (1108 ヒット)

東日本支部では、2005年も志太スタジアムで開催されるリーグ戦全6試合を「シダックスシリーズ」として開催いたします。
本シリーズは、シダックスコミュニティー株式会社志太スタジアム様のご協賛により開催されるもので、中伊豆の素晴らしいグランドを舞台に、毎年、熱戦が繰り広げられています。
2005年は9月25日が緒戦となります。


« 1 ... 45 46 47 (48) 49 »